発達障害とは
発達障害とは
自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠如・多動症(ADHD)、
学習障害/限局性学習症(LD/SLD)
などが含まれます。
幼少期から症状が現れますが、
大人になってから診断を受けるケースもあります。
症状の現れ方には個人差があり、
それぞれが重なり合うこともあります。
発達障害とは
ASD、ADHD、LD/SLD とは
ASDとは?
対人関係や社会的コミュニケーション、
自分のこだわりの強さなどで困っている
自閉スペクトラム症(ASD)は、相手の表情などから感情を推し量ることが難しかったり、言葉を字義どおりにしか理解できなかったりして、対人関係や社会的コミュニケーションに困難を生じるほか、興味のあることに関心が集中する、こだわりが強いなどの特性が現れる特徴があります。スペクトラムとは「連続体」の意味で、症状の現れ方には個人差があります。
自閉スペクトラム症(ASD)は、相手の表情などから感情を推し量ることが難しかったり、言葉を字義どおりにしか理解できなかったりして、対人関係や社会的コミュニケーションに困難を生じるほか、興味のあることに関心が集中する、こだわりが強いなどの特性が現れる特徴があります。スペクトラムとは「連続体」の意味で、症状の現れ方には個人差があります。
ADHDとは?
注意力散漫、うっかりミスが多い、片付けられない、順番を待てないなどで困っている
注意欠如・多動症(ADHD)は、忘れ物やなくし物が多い、気が散りやすくて集中できない、うっかりして同じ間違いを繰り返す、順序立てて物事を進められないなどの特性(不注意)、一方的な会話を続けてしまう、約束や決まりごとを守れない、待つことが苦手などの特性(多動性・衝動性)により、困難を生じる特徴があります。不注意・多動性・衝動性がすべて同時に現れるわけではなく、不注意が目立ったり、多動性・衝動性が目立ったりと個人差があります。
注意欠如・多動症(ADHD)は、忘れ物やなくし物が多い、気が散りやすくて集中できない、うっかりして同じ間違いを繰り返す、順序立てて物事を進められないなどの特性(不注意)、一方的な会話を続けてしまう、約束や決まりごとを守れない、待つことが苦手などの特性(多動性・衝動性)により、困難を生じる特徴があります。不注意・多動性・衝動性がすべて同時に現れるわけではなく、不注意が目立ったり、多動性・衝動性が目立ったりと個人差があります。
LD/SLDとは?
「読む」「書く」「計算する」が
極端に苦手で困っている
学習障害/限局性学習症(LD/SLD)とは、全般的な知的発達に遅れがないものの、聞く・話す・読む・書く・計算するまたは推論する能力のうち、特定のものの習得と使用に著しい困難を示す特徴があります。読字障害、書字障害、計算障害などのタイプがあります。子供の頃は「勉強不足」などと思われて見過ごされ、大人になってから障害と認知されることもあります。
学習障害/限局性学習症(LD/SLD)とは、全般的な知的発達に遅れがないものの、聞く・話す・読む・書く・計算するまたは推論する能力のうち、特定のものの習得と使用に著しい困難を示す特徴があります。読字障害、書字障害、計算障害などのタイプがあります。子供の頃は「勉強不足」などと思われて見過ごされ、大人になってから障害と認知されることもあります。
本サイトのご利用に関しましては、必ず利用規約をご確認ください。本サイトを引き続き閲覧いただく場合、利用規約に同意したものとみなさせていただきます。
本サイトには、第三者が運営するウェブサイトへのリンクを設けています。武田薬品工業はリンク先のウェブサイトの内容について責任を負いません。また、リンク先のウェブサイトは変更される場合があります。
Copyright © 2021 Takeda Pharmaceutical Company Limited. All Rights Reserved.